Blog & News

創作に関することや日々の徒然を綴っています。マイペー ス更新。

2019年11月20日 ドラグーンに出てくる異能力と代償について

img_60.png

ライドギアの設定を考えてたのですが、ライドギアは他のギア(魔術兵器)に比べて強すぎるのと、鋼輔には能力を使う代償の巫病があるけど、他の主人公二人にはないのでこれは不公平だなと思い、異能力に対する代償をつけました。

【ライダー達の代償】

メイル編のライドギアを操るエドゥアルドの民は、戦士(ライダー)と呼ばれて「誰かの為に戦う意志」だけは手放すなと伝えられています。それには理由があって、精神の形であるライドギアを現実に召喚して使えば使うほど記憶(心の一部)がなくなっていき、末期には精神の形を保てなくなりライドギアも召喚できなくなります。最後にはなんのために戦ってるのかわからなくなるため、「誰かの為に戦う戦士(ライダー)であること」だけは忘れるなと、最後に残った一つの思いが黄金の意志だと伝えられている、ということにしました。

そこでちょっと変更点があって、メイルはルインエンペラーとの戦いで、身体の血をほとんど流し尽くして意識を失い気絶します。メイルは封珠の御子として、その身体に古代の魔神ハイドラを封印しています。メイルの身体に流れるのは封魔の血なので、血の量が少なくなったり意識が遠のくと、魔神ハイドラが表層化して辺りを一斉に攻撃しはじめます。魔神ハイドラは本編の主人公三人を通してのラスボスなので、メイル編ではメイルがラスボスという事になります。

img_030.png

そうなったときに、主人公の役割をするのが解珠の御子のリュウです。解珠の能力は魔力の解放なので、リュウは自他のライダーの能力を大幅に向上させ、封珠の御子から魔神ハイドラが顕現したときに、他のライダー達と封珠の御子を倒す役割を負っています。リュウの配慮でメイル自身は死なずに済みますが記憶を全部無くしてライドギアも召喚できなくなります。でもブロスのことを見ると泣いたりするので大事なことは忘れていない模様。あとは通常のED案と同じです。(リュウとヘルダーとアイリは死なず、退場しないことになりました)

メイルは大人しいメイルより暴れてるメイルの方が映える気がするので、二面性があると「怒ると怖い」(怒りで我を忘れると魔神ハイドラが顕現する)設定にも説得力が生まれるのでいいと思いました。



もしドラグーンをティラノビルダーでノベルゲームを作るなら、リュウが主人公になってからのEDでこの曲使えたらいいなと思っていました。カッコイイ!ラスボス戦でメイルはリュウの記憶がないため、蒼いドラゴンの機体に乗ったリュウのことを「蒼釼のドラグーン」と呼ぶので、リュウはメイル編の裏主人公として頑張ってもらいたい。



メイルのEDに使いたい曲です。フリー曲は歌詞が合っているのを探すのが難しいので、メロディがイメージに近いものを探しています。でもこの曲の『泡沫のレクエルド』のレクエルドは想い出という意味らしいので、メイルのなくなっていく想い出にかけてぴったりだと思いました。

【ジークの代償】

ジークはエンシェントドラゴンを倒すドラゴンスレイヤーなのですが、一体倒すたびに身体にエンシェントドラゴンという神を降ろしていき、かつての竜皇帝に戻っていきます。

なので、本当の自分を知りたくてはじめたドラゴン退治で、ジークの人格は、竜皇帝としての複数のドラゴンの意識を持つ人ではない存在に塗りつぶされてしまいます。

護龍に新たな王を望む人々はジークの変化を竜皇帝の再来と考えて喜びますが、身近にいるキルシェは、竜皇帝でもなく暗殺者でもない素のジークを知っているので、ジークが眠って起きるだけになり人間性がなくなっていくことを悲しみます。ジークは戦いでエンシェントドラゴンを身体に降ろして戦い、エンシェントドラゴンの意識から戻ってこれないとそこでジークとしての人格は終わりなので、自分の帰還を望んでくれるキルシェの存在を現実に帰る道しるべとしてジークの意識に戻っています。あとは通常のEDと同じです。

拍手ぱちぱち押してくださりありがとうございます〜!!(*^▽^*)

posted by 獏 | 創作のこと

2019年11月19日 ライドギアの呪文(必殺技)一覧

img_082.png

小説を書くときに参照したかったのでライドギアの呪文(必殺技)一覧を作りました。載せている極限呪文(リミット・スペル)は、普段使っている呪文よりさらに強力な呪文になります。あと、呪文の大体の強さを決めました。ライドギアの中で一番強い呪文を使うのはドラゴということになっていますが、属性の相性によって威力は変わります。(下に書いてある呪文は、ライドギアを召喚するときの呪文です)

ライドギアは精神力を具現化したギア(魔術兵器)で基本的に全機強いため、強さの序列を決めるのもどうかと思ったのですが、力が拮抗してるとバトルでの勝敗が決まらないので、だいたいこのくらいという参考程度の★になっています。(★の差を覆して、気合いで勝つ人もいるのであんまりあてにならないかも)

今まで呪文を決めるときに、ラピュタに出てくるバルスが好きな影響で、呪文を三文字縛りにしてたんだけど、三文字で必殺技を格好良くするのは自分には難しい!!ということで、長い呪文にしてキャラ性が若干分かるものを目指しました。

従神(ドゥークス)と月将たちの技も考えたのですが、(技名が増えるほど、キャラごとの単語かぶりを気にしないといけないので難しくなってしまう…)表にはまとめていないので、出来たらまたアップしようかと思います。技を決めると具体的なバトルが思い浮かぶので自分の中で必殺技は重要なのでござる( ´・ω・`)

posted by 獏 | 創作のこと

2019年11月14日 キングダムにはまっている

今回は創作の記事ではないのですが、版権作品の漫画『キングダム』にはまって、実写映画と、アニメを視聴しています。とにかく面白いので、夢中になって観ています。

【あらすじ】
紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年の信と漂は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。

信(漂も)は天下の大将軍、政は中華の統一王を目指して活躍するお話なのですが、もう面白いとしかいいようがなく、とにかく面白いです!(語彙力がなくてすいません…;;)自分は兄に漫画を借りて読み、実写映画も薦められて、アマゾンプライムで映画の方も観たらすごくよかったのです(*^▽^*)日本の漫画原作映画の中でも凄いクオリティだと思うんですけど、俳優さんの演技も、もうそのキャラにしか見えないくらいよかった。自分は山の民(特に楊端和とバジオウが好き)が好きなんですが、映画の山の民の再現度が素晴らしくて感動してしまった。(登場人物が全て魅力的なんだけど、特に王騎将軍の存在感が凄いなって思います)

アニメとか映画の主題歌もいいんですよね〜映画の主題歌と一期のOP/EDが好きなので動画を貼っておきますね!熱い気持ちになりたい方におすすめの作品です!

【アニメ一期OP】


【アニメ一期ED】


【実写映画主題歌】


posted by 獏 | 創作のこと

2019年11月13日 蒼釼のドラグーンの小説に加筆修正2&メッセージへのご返信(*^^*)

またも小説を加筆修正してきました。鋼輔の過去の話、昔の設定では廻と御子神がおらず、鋼輔を救う存在は祖父の巫覡・永源(※今の本編には出てません)だったので、前は永源の口から異能力に関する教えを詳しく補足出来たんだけど、今はいないので、異能力についての補足は御子神からの言葉ということで加筆してきました。

巫者は自分の異能力を悪用しないように、自分の異能力を恐れる巫病にかかります。鋼輔は不動明王の巫覡として悪意(悪霊、邪気)から人を守る異能力を持つので悪意を恐れ、廻は日神に仕える巫女なので太陽を恐れ、明は陰陽師として十二天将を使役するので式神を恐れます。廻と明が巫病にかかったとき、鋼輔は経験者なので、恐れを理解して二人が成巫する手助けをします。

巫病が重いほど異能力も強力なので、自刃しかけるほど巫病が辛かった鋼輔は強力な技が使えます。また、巫病の中で悪意を恐れていたことによって、理不尽な悪意の中で苦しむ人の気持ちに寄り添えるため、鋼輔が幼少期に苦しみを経験したことは、人助けをする際の一助にもなっています。

そのあたりの描写を、イシュタムを生贄にしようとするテオや神官達の悪意で絶望しかかったイシュタムを助けた際にも書ければ良かったんだけど、話を進めるのに精一杯でそこも抜けていたので、加筆してきました。

小説とか書いたあとに、こうした方いいというのが分かるときがあるので難しいでござる…!( ´・ω・`)

拍手ぱちぱちありがとうございます〜!嬉しいメッセージもありがとうございます!(*^▽^*)追記にメッセージの返信があります^^

続きを読む
posted by 獏 | 創作のこと

2019年11月11日 蒼釼のドラグーンの小説に加筆修正

蒼釼のドラグーンの小説、第六話を加筆修正しました。

鋼輔と廻の過去と、後半の空皇帝と巨像の戦いを修正追加しました。小説を書いてる方は、自分の周りでは凄く真剣に取り組んでいる方が多いので、自分も頑張って書いてはいるものの未熟さが気になって引け目を感じてしまい、堂々と更新しましたと言える自信がなくて、ツイッターとか人目に触れる場所で告知を投稿できないほど小心者なのであります…( ´・ω・`)ショボン

未熟だと思っていても人に見られなくても、興味を持って見てくれた人にとっては一つの作品なのだから、一話一話を大事にしてコツコツ完結まで書き上げることが大事だとわかっているのですが、直したいところがいっぱいあって序盤の加筆修正ばかりしてしまうでござる。プロットは全話分できていて、そのプロットの問題あるところを修正している作業の繰り返しで本編の続きが書けてないんだけど、まとまったらあとは清書できるので頑張りたいです。

物語の状況や情況が伝わる文章が目標なので、ちょっとでもそれに近づけるようになりたいです。

posted by 獏 | 創作のこと